banner

飲食店で働く際の選び方

飲食業界ではアルバイトや正社員、パートなど様々な形態で求人募集がでており、ウエイトレスやウエイター、キッチンスタッフなどの募集が主になってきます。 私はアルバイトや正社員でウェイトレスとして働いた経験があります。 飲食業界の求人を見て応募する際に私が選ぶ基準ですが、最初は給与です。 アルバイトの場合であれば時給になりますが、ウェイトレスの時給は日中だと低い場合が多いのでなるべく夜から働くようにしていました。 また正社員で働く場合には、給与の他に休日や働く時間も選ぶ理由になってきます。 以前正社員で働いていた時ですが、遅番と早番の交代制だったのですが忙しい時期になると一日中通しで働かなければいけないことがありました。 求人票にはそのようなことは記載されておらず、しかし正社員なのだから文句を言っても仕方なく、また特に残業手当などもつかなかったので数年で辞めてしまいました。 そのため、正社員で飲食業界で仕事を探す時は、給与の他に勤務時間や残業についてはどうかなどを確認してから募集するようにしています。 また飲食といってもその種類はとても幅広く、カフェ、和食、洋食、バーに居酒屋など様々です。 種類によって必要なスキルや経験なども変わってきますので、求人情報を見る時にはなるべく自分が経験がある職種を選ぶか、また知識などが必要がないところを探すようにしています。 しっかりと研修があればよいのですが、以前働いたカフェではあまりにも忙しい為かほとんど研修もなく、初めて覚えることが沢山あったにも関わらず、放置されることが多かったため、 そのようなことがないような店をなるべく選びたいと思っています。 これらのことをふまえて応募する飲食店を選んでいます。 飲食店の求人は他業種に比べて求人数も多く、自分の希望に合ったものを探すことができる確率は高いと思います。

Copyright(C)2013 飲食求人の選び方 All Rights Reserved.